肌トラブルの改善

化粧品

肌の状態とその改善

敏感肌は、肌が直ぐに赤くなったり荒れたりする状態の肌であり、外部から刺激を受けやすい状態の肌のことである。敏感肌では、通常の人が問題なく使用できる化粧品であっても肌荒れに繋がってしまうなどがあり、悩む人も多くなっている。この敏感肌では、肌のバリア機能が低下していることから起きるものである。その原因の多くとしてあるのが、間違ったスキンケアを行っているということがある。間違ったスキンケアとは、肌を強い力で擦り化粧品を落とすことや洗顔などを時間をかけて行うことで、肌本来の機能を落としてしまっていることなどがある。敏感肌で悩んでいる場合には、これらの間違ったスキンケアを改善していくことで本来の肌のバリア機能を取り戻すことができる。

対策における工夫

敏感肌になっている人では、症状を悪化させないため化粧品選びへの工夫が必要になる。その工夫としてまずあるのが、無添加化粧品を使用するなど添加物の入っていないものを使用するということがある。化粧品に含まれる添加物は肌への刺激になり、特に敏感肌の人ではこれらの刺激を受けやすい状態となっている。その為、無添加の化粧品を選び、できる限り刺激を抑えることが悪化を防ぐための重要な点になる。また、保湿力を高めることも改善策としてある。敏感肌の人は、肌が乾燥しやすく肌表面のバリアが弱まっているケースが多い。この状態を改善するためには、保湿成分を多く含む化粧品を利用し、保湿力を高めることで改善に繋げられる場合がある。