夏場でも注意

婦人

保湿が大切

夏場は一般的に湿っており汗もかくため乾燥しにくいと言われています。わざわざ除湿を行い湿気を取り除いているのが現状です。一方冬は乾燥肌に悩む方も多くいます。乾燥肌の治療法は第一に保湿です。油分によるコーティングを行うことにより肌からの水分蒸発を防ぎ乾燥肌を予防します。年齢をとると体の水分量が低下し、乾燥肌になりやすいです。乾燥肌はかゆみを伴うことがあります。夏場も実は乾燥することがあります。それは冷房の使い過ぎです。冷房を使うと皮膚から水分が蒸発しやすくなります。しかも血流が悪くなっていることが多いです。さらに汗を拭くなどの摩擦が乾燥肌を引き起こすきっかけになることもあります。よって夏でも生活状況によっては保湿クリームが必要です。

商品の選びかた

保湿目的で商品を選ぶ場合ポイントがあります。白色ワセリンのような基材は保湿作用のみ有しています。尿素が含まれた商品は水分を集めやすく、乾燥し、割れている皮膚に使うことができます。乾燥肌でかゆい場合、鎮痛作用や表面麻酔が含まれた商品が効果的です。服の擦れによるかぶれにも、同じ商品を用いることができます。顔が特に乾燥するという方には専門の化粧品もあります。顔はほかの部位より皮膚が薄く、吸収されやすい一方副作用も出やすい場所なので、かかとに使う商品を顔に使うことはお勧めできません。夏場は紫外線による乾燥肌もあるため、心配な方はしっかりUVケアもできる化粧品を使うほうが無難です。それほど特殊な商品でないため、ドラックストアで簡単に購入できます。